松野博一官房長官は12日の記者会見で、新型コロナウイルス対策のマスク着用をめぐり、屋外では「2メートル以上の距離を確保できている場合、外すことを推奨している」と説明した。感染予防策として着用の重要性を指摘しつつ、「気温、湿度が高い時は熱中症のリスクも高くなる」と理由を語った。
 着用の基準見直しなど今後の対応については「感染状況やウイルスの特徴を踏まえ、専門家の意見を伺いながら検討していく」と述べた。 (C)時事通信社