【ソウル時事】韓国統一相候補の権寧世氏は12日の国会人事聴聞会で、北朝鮮が新型コロナウイルス感染者の発生を公表したことに関し、「既に統一省で予算が編成されている。協力の方法を積極的に検討する」と述べ、ワクチン支援に前向きな考えを示した。
 尹錫悦政権は非核化措置が取られるまで制裁を維持する方針だが、人道支援は例外という立場。権氏は「北朝鮮が困難に直面している部分で積極的に助ける意向がある」と強調した。北朝鮮はこれまで、国際機関などのワクチン支援を拒否している。 (C)時事通信社