東京都は12日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。専門家は今週の新規陽性者数について、大型連休中だった前週から横ばい状態にあるとした上で、「連休中の検査数の減少などを受けた数値で、評価には注意が必要」と指摘。感染状況と医療提供体制の警戒レベルについて、それぞれ4段階で上から2番目の状態を維持するとともに、今後の動向に警戒を促した。
 また、屋外でのマスク着用について、東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「夏に向けて、感染症対策も熱中症対策もどちらも重要だ」と強調。専門家チームで議論した上で、適切なマスク着用について基本的な考え方を示すことを明らかにした。 (C)時事通信社