厚生労働省は12日、空港検疫で男性3人から新型コロナウイルスのオミクロン株の新系統「BA.4」と「BA.5」が検出されたと発表した。国内での確認は初めて。
 厚労省によると、BA.4は4月22日に南アフリカから成田空港に到着した50代男性から検出された。BA.5はいずれも同29日に同空港に到着した60代男性2人からで、それぞれスペインとザンビアに滞在していた。検疫でコロナ感染が判明し、国立感染症研究所の詳しい解析で判明。3人ともワクチンは3回接種していた。
 BA.4とBA.5は南アフリカを中心に感染が広がっている。感染力は国内で置き換わりつつあるBA.2を上回るとの解析結果もあるが、重症化リスクなどの詳しい性質は分かっていない。 (C)時事通信社