ゼンショーホールディングス=2023年3月期連結決算は増収増益を見込む。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、客足が伸びると想定。牛丼やすしチェーンなどの出店も強化し、収益が改善する見通し。 
 牛丼チェーンでは昨年、メニューの値上げを行ったが、記者会見した丹羽清彦執行役員は来店客数について「あまり変化していない」と述べた。
 22年3月期は増収増益。原材料高などの減益要因はあったが、コロナ対策の時短協力金が純利益を押し上げた。(C)時事通信社