【ソウル時事】北朝鮮で新型コロナウイルス感染症が爆発的に広がっているもようだ。13日、朝鮮中央通信を通じて、コロナによる死者を初めて発表し、「原因不明の熱病」で約18万7800人が隔離や治療を受けていると明らかにした。12日だけで約1万8000人が発熱したという。
 北朝鮮は2020年1月に国境を封鎖し、国際社会からのワクチン支援も拒否してきた。住民に免疫がない上、医療や検査体制も脆弱(ぜいじゃく)だ。感染拡大により、国家的な危機に陥る可能性もあり、中国や国際機関などに支援を要請するとの見方が強まっている。
 同通信によると、これまでに約35万人が発熱し、うち約16万2200人が完治した。公表された「熱病」による死者は6人だが、このうちコロナと特定したのは1人だけで、コロナ検査が不足している状況をうかがわせる。コロナの死者はオミクロン株の「BA.2」系統だったという。
 同通信は、熱病が4月末から北朝鮮全土で「爆発的に拡大」したと説明したが、感染が発表されたのは約2週間後の今月12日。感染拡大を抑えられず、内外に協力を求めなければならない状況に追い込まれ、公表に踏み切ったとみられる。金正恩朝鮮労働党総書記は「首都圏を中心に同時多発的に拡散したことは、われわれがこれまでに構築した防疫態勢にも弱点があることを示している」と認めた。
 公表の狙いについて梁茂進・北韓大学院大学教授は「住民の防疫への協力が必要だ」と指摘。米国や国際機関のワクチン支援も視野に入れた対外的メッセージも含んでいると分析した。世宗研究所の鄭成長・北韓研究センター長も、もし死者が急増すれば中国に支援を求め、「それでも耐えられなければ、西側諸国の支援も考えざるを得なくなるだろう」との見方を示した。
 4月25日に平壌で開いた大規模な軍事パレードが感染拡大の契機になった可能性もある。中国でオミクロン株が猛威を振るう時期に開催しており、参加者は密集し、マスクを着けていなかった。鄭氏は「自国の防疫能力を過信していた」とみている。 (C)時事通信社