【ソウル時事】新型コロナウイルス感染が急拡大しているとみられる北朝鮮で13日、新たに約17万4440人の発熱者が出て、21人が死亡した。朝鮮中央通信が14日伝えた。発熱者の数は12日の約1万8000人から1日で10倍近くに増えており、感染爆発の様相が深まっている。
 累計で発熱者は約52万4440人、死者は27人となり、約28万810人が治療を受けているという。同通信は13日、隔離や治療を受けている人は約18万7800人と報じていた。
 同通信によると、金正恩朝鮮労働党総書記は14日、新型コロナのオミクロン株感染に関連した党政治局の協議会で「世界的に新型コロナの拡散状況が深刻なように、わが国でも拡散が建国以来の大動乱であると言える」と表明。「党と人民が団結し防疫闘争を強化していけば危機を克服できる」と訴えた。 (C)時事通信社