【ソウル時事】北朝鮮で新型コロナウイルスの感染爆発が深刻化しているもようだ。金正恩朝鮮労働党総書記は14日、党政治局の協議会で「建国以来の大動乱」と危機感をあらわにした。朝鮮中央通信によると、13日には前日の10倍近くとなる約17万4440人の発熱者が出て、21人が死亡した。正恩氏は「中国の成果」に学ぶよう指示しており、北朝鮮は今後中国との協力を模索すると予想される。
 同通信によると、累計での発熱者は約52万4440人、死者は27人となった。約28万810人が治療を受けている。医療関係者に加え、全国の医大の教員や学生らも動員して住民の検査や治療を急いでいるという。
 北朝鮮の検査体制は不十分とみられ、「発熱者」はコロナ感染者の可能性が大きい。コロナ感染者の多くが無症状であることを考えると感染の規模はさらに広がる。医療体制が脆弱(ぜいじゃく)でワクチンの接種率も公式には「0%」とされ、人道危機に発展する事態も懸念される。
 同通信によれば、正恩氏は14日、新型コロナのオミクロン株感染に関連した同協議会で「新型コロナの拡散が建国以来の大動乱」と語り、「党と人民が団結し防疫闘争を強化していけば危機を克服できる」と訴えた。
 また、先進国の防疫対策に学ぶ必要性を指摘し、「中国の党と人民が悪性伝染病との闘いで収めた成果と経験を見習うのが良い」と指示した。北朝鮮は新型コロナの感染例を初めて認めた12日に全国の郡や市の封鎖と生産活動維持の方針を決めているが、今後中国のような厳格なロックダウン(都市封鎖)に進むとみられる。
 北朝鮮での感染確認を受け、中国は「常に全力で支援と手助けを提供する準備がある」(外務省)と表明している。韓国の鄭成長・世宗研究所北韓研究センター長は「北朝鮮の幹部たちが中国の感染者管理や治療方法を学ぼうとし、その過程で自然に治療薬や検査装備支援を要請すると予想される」と指摘する。
 党政治局の協議会では医薬品の輸送や供給、患者への伝達方法について議論。また、正恩氏は「党組織の無能と無責任」を叱責したという。
 同通信は正恩氏が自身の家庭で準備した常備薬品を党本部委員会に寄付する意向を示したとも報じた。正恩氏が防疫対策の会議に出席する様子も連日伝えており、住民の動揺を抑える狙いがあるとみられる。 (C)時事通信社