政府は16日、新型コロナウイルスの水際対策として、韓国からの渡航者に求める指定施設での待機期間を、入国時検査で陰性なら不要にすると発表した。これまでは3日間の待機が必要だった。17日から実施する。
 ワクチン3回目接種の証明書があれば、自宅などでの待機も不要になる。証明書がなければ、自宅などで原則7日間の待機を求めるが、入国後3日目以降のPCR検査などで陰性の場合、厚生労働省に届け出れば解除される。 (C)時事通信社