政府の新型コロナウイルス対策を検証する有識者会議は20日、新型コロナ対策の政府分科会長を務める尾身茂氏や日本医師会などからヒアリングを行った。尾身氏は、検査や医療提供体制の課題を指摘し、今後に備え、政府に一定の強制力を持たせる体制整備の必要性を強調した。
 尾身氏らは医療提供体制について「患者急増に十分対応し切れない状況」が生じ、「一部の医療機関に過度な負担」があったと指摘。その上で、政府の指示により一定の医療機関を専門病院に転換する仕組みや、幅広い医療機関が診療に参加する体制づくりを訴えた。検査についても「(体制強化の)スピードは遅かった」ことを課題に挙げた。 (C)時事通信社