【ソウル時事】韓国サムスン電子を中心としたサムスングループは24日、2026年までの5年間に総額450兆ウォン(約45兆3000億円)を投資する計画を発表した。半導体や次世代技術分野などを強化するため、投資額は過去5年間より30%超引き上げた。
 半導体メモリー分野の投資では、新素材などに関する研究開発(R&D)を重視。先端技術の早期実用化につなげる。ファウンドリー(受託製造)分野では回路線幅の超微細化に取り組む。 (C)時事通信社