【ビジネスワイヤ】武田薬品工業とバイオテクノロジー企業の米モデルナは、日本におけるモデルナの新型コロナウイルス感染症ワクチン「スパイクバックス」の製造販売承認を、武田薬品からモデルナに承継すると発表した。mRNAワクチンのスパイクバックスは、厚生労働省から特例承認を受けている。承継は8月1日付とし、その後はモデルナが輸入から販売までの全活動を担う。経過期間中、武田薬品が販売支援を継続する。(C)時事通信社