近視ドライアイ、老眼を予防・治療する医薬品や医療機器を開発する坪田ラボ(東京都新宿区、坪田一男社長)が23日、東証グロース市場に上場する。新規発行で調達する10億5000万円は研究開発費や人件費、米子会社設立などに充てる。 (C)時事通信社