新型コロナウイルス感染症への対応を検証する政府の有識者会議で座長を務めた永井良三自治医科大学長が21日、東京都内で記者会見を開いた。政府が感染症対策の司令塔として設置する方針を決めた「内閣感染症危機管理庁(仮称)」について、「何よりも優先すべきは機能を果たすことだ」と述べ、組織論にとどまらず実効性を確保するよう求めた。 (C)時事通信社