【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは21日、海外から韓国に入国した1人が天然痘に似た症状の感染症「サル痘」に感染した可能性があり、隔離されたと報じた。仁川国際空港で入国する過程で、サル痘のような症状が見られた。同日夜に医療施設の隔離病床に移送。感染したか確認するための検査を行う。 (C)時事通信社