日本相撲協会は大相撲名古屋場所9日目の18日、放駒親方(元関脇玉乃島)が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。放駒部屋に所属する力士は9日目から休場。
 放駒部屋には東前頭13枚目の一山本(28)=本名山本大生、北海道出身=、東十両10枚目の島津海(26)=中園空、鹿児島=らが所属。一山本は8日目を終えて6勝2敗で、トップに並んでいた。9日目に一山本、島津海との対戦がそれぞれ組まれていた錦富士と栃丸は不戦勝。
 名古屋場所中には出羽海、鳴戸の両部屋でコロナ陽性者が出て、所属力士らが途中休場。大関御嶽海の感染も判明した。 (C)時事通信社