【ワシントン時事】新型コロナウイルスに感染したバイデン米大統領は21日、「私は元気で、忙しく仕事をしている。心配してくれてありがとう。大丈夫だ」と国民に語り掛ける動画をツイッターに投稿した。マスクなしのスーツ姿で、ホワイトハウス内で執務する様子の画像も掲載。79歳と高齢なこともあり、健康不安の払拭(ふっしょく)に努めた。
 バイデン氏は21日朝のPCR検査で陽性が判明した。主治医の声明によると、20日夜から鼻水や倦怠(けんたい)感、せきの症状が出始めたが、症状は軽い。ホワイトハウスのジャー新型コロナ対策調整官は21日の記者会見で、バイデン氏の血中酸素濃度や呼吸は正常だと説明した。
 バイデン氏は3月に4回目のワクチン接種を済ませている。主治医の判断で新型コロナ経口治療薬「パクスロビド」の服用を開始した。 (C)時事通信社