世界保健機関(WHO)が感染症「サル痘」流行で「緊急事態」を宣言し、国内で初の感染者が確認されたことを受け、政府は国内での感染拡大に警戒を強めている。25日には関係省庁対策会議を開いたほか、外務省は全世界を対象に感染症危険情報のレベル1を発出。厚生労働省の専門部会は近く、サル痘予防のため天然痘ワクチン使用の可否を議論する。
 25日開かれた関係省庁対策会議では、出入国者らへの情報提供や検査、患者の受け入れ体制の準備などを確認した。
 外務省も同日、全世界を対象に、渡航などに関する注意喚起を促すレベル1の感染症危険情報を出し、今後海外渡航を予定する日本人などに注意を呼び掛けた。 (C)時事通信社