全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は26日、新型コロナウイルス対策をめぐり、後藤茂之厚生労働相とオンラインで意見交換した。平井氏は、新型コロナの感染症法上の分類見直しについて議論を進めるよう求めた。
 現在は「2類相当」との位置付けだが、知事の中には季節性インフルエンザと同等の「5類」への引き下げを求める声がある。 (C)時事通信社