【ワシントンAFP時事】米科学誌サイエンスは26日、世界的に大流行した新型コロナウイルスについて、中国・武漢の動物取引市場が起源だったとする研究結果を掲載した。新型コロナをめぐっては、動物から人間に感染が広がったとする説と、中国の研究所から流出したとする説があり、今後の流行防止に向けて起源究明が極めて重要となっている。
 同誌に掲載された研究では、ウイルス拡散が始まった2019年12月の時点で、武漢にある華南海鮮市場の周辺に感染が集中していた。感染拡大初期の遺伝子データに関する別の研究では、19年11月より前にウイルスが人間の間で広く拡散した可能性は低いと結論付けた。
 米アリゾナ大の研究者は、記者団に「現時点で、武漢の市場における野生動物取引以外の経路でウイルスがもたらされたとは考えづらい」と語った。 (C)時事通信社