世界保健機関(WHO)が27日公表した新型コロナウイルス感染状況に関する週次報告によると、18~24日の1週間の新規感染者数は、日本が前週比73%増の約96万9000人で世界最多だった。特にアジア太平洋諸国でオミクロン株の派生型「BA.5」の拡散が深刻化している。
 週次報告によれば、1週間の感染者数は米国が2番目に多い約86万人(前週比3%減)で、ドイツが約57万人(同16%減)、イタリアが約53万人(同26%減)で続いている。1週間の死者数は米国が2637人で最も多かった。
 世界全体では、1週間で約660万人の感染と1万2600人以上の死亡が確認された。24日までの累計感染者数は5億6700万人を超え、約630万人の死亡が報告されている。 (C)時事通信社