木原誠二官房副長官は29日の記者会見で、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に至らない段階で適用する新たな新型コロナウイルス対策の枠組み「BA.5対策強化宣言」を午後に創設する方針を明らかにした。
 木原氏は、都道府県が多様な対策を選択できるようにするのが狙いだと説明。「都道府県の宣言に基づいて、国が『BA.5対策強化地域』と位置付ける。感染拡大防止と社会経済活動の維持回復をともに追求する(都道府県の)取り組みを支援する」と語った。 (C)時事通信社