後藤茂之厚生労働相は29日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染症法上の分類見直しについて「感染力の強いBA.5の状況を考えれば、強力な措置の可能性を残しておくべきだ」と述べ、慎重な姿勢を示した。
 後藤厚労相は「新型コロナの致死率は季節性インフルエンザより高く、特に高齢者はその差が顕著だ」と指摘。医療提供体制に影響が及ぶ場合は「強力な感染拡大防止策を取れるようにしておくことが必要だ」と強調した。 (C)時事通信社