米ニューヨーク州のホークル知事は29日、サル痘の感染拡大が続いているとして緊急事態を宣言した。
 ホークル氏は「サル痘の大流行に対抗する取り組みをより強化するため、緊急事態を宣言する」とツイッターに投稿。米国内のサル痘感染事例の4分の1以上がニューヨーク州で確認されていると述べた。
 ニューヨーク州保健局によると、同州では29日までに約1400件の感染が報告されている。(ロイター時事)。 (C)時事通信社