岸田文雄首相は31日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けについて見直しを検討していることを明らかにした。現在は結核などと同等の2番目に厳格な対処が求められる「2類相当」とされているが、これを引き下げる方向だ。首相公邸で記者団に「変異の可能性などもしっかり判断し、2類として規定される項目について丁寧に検討していく」と語った。
 見直しの時期については、「今、感染が拡大している。このタイミングで変更することは考えていない」と説明。現在の「第7波」収束後になるとの認識を示した。 (C)時事通信社