後藤茂之厚生労働相は2日、閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス感染症法上の分類見直しについて「時機を逸することなく適切に検討したい」との考えを示した。ただ、見直しの具体的な時期や内容については「今後の感染状況や専門家の議論を踏まえたい」と述べるにとどめた。
 自治体などから全感染者の情報を集める「全数把握」を取りやめるよう求める声が上がっていることについては、「感染状況を把握する上で重要な意味がある」と強調。報告の簡素化などで「保健所業務の適正化に取り組んでいる」として慎重な姿勢を示した。 (C)時事通信社