東京都は10日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。新規陽性者数は微減に転じたものの、専門家は爆発的な感染状況が継続していると指摘。「第6波」と同様に、若年層から中高年層に感染が波及しており、今後の動向に警戒が必要だと訴えた。
 小池百合子知事は会議後の記者会見で、「帰省や旅行に出掛ける前に検査を受けてほしい」と感染対策の徹底を呼び掛けた。 (C)時事通信社