時事通信が5~8日に実施した8月の世論調査で、新型コロナウイルス感染の急拡大を受けて政府が新設した「BA.5対策強化宣言」に関し、賛否を尋ねたところ、「賛成」が45.5%で、「反対」の25.3%を上回った。
 政府の新型コロナ対応に関しては「評価する」が前月比7.4ポイント減の39.6%、「評価しない」は同10.9ポイント増の36.8%だった。
 物価高への対応について尋ねたところ、「評価しない」が前月比2.1ポイント増の58.6%となり、「評価する」の15.1%(前月比1.2ポイント減)を大きく上回った。
 調査は全国18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は60.0%。 (C)時事通信社