岸田文雄首相は12日、東京・大手町の自衛隊大規模接種会場を訪れ、新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種を受けた。接種の模様を公開し、有効性と安全性をアピール。終了後、記者団に「国民の皆さんも接種の大切さを理解し、前向きに進めてもらえればと期待している」と語った。
 65歳の首相は3回目のワクチンを3月4日に受けており、5カ月が経過した今月から4回目接種が可能になった。 (C)時事通信社