任期満了に伴う沖縄県知事選が25日告示され、午後5時に立候補の届け出を締め切り、再選を目指す現職と新人2人の合わせて3人による争いが確定した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた経済の活性化などを争点に選挙戦が繰り広げられる。投開票は9月11日で、結果は辺野古移設の行方に影響を及ぼしそうだ。
 立候補したのはいずれも無所属で、届け出順に下地幹郎元衆院議員(61)、佐喜真淳前宜野湾市長(58)=自民、公明推薦=の両新人と、現職の玉城デニー知事(62)=立民、共産、れいわ、社民推薦=。
 辺野古移設をめぐり、佐喜真氏は容認、玉城氏は反対し、下地氏はこれ以上の埋め立てに反対している。 (C)時事通信社