厚生労働省の有識者会議は31日、ワクチンの打ち手が不足した場合、特例的に診療放射線技師や臨床工学技士による接種を認める案を大筋で了承した。新たな感染症に備え、打ち手の拡大が必要と判断した。
 ワクチンの打ち手は法律で医師と看護師に限られているが、新型コロナウイルスの感染拡大で、例外的に歯科医師や救急救命士らによる接種が認められた。
 新たに追加される2職種は、造影剤の投与や人工透析などで患者に針を刺す機会がある。有識者会議は「基本的な教育を受けており、技術的基盤を有している」とした上で、接種に当たる際は研修を受けるよう求めた。 (C)時事通信社