新型コロナウイルスのワクチン接種会場に侵入したとして、建造物侵入罪に問われた反ワクチン団体「神真都(やまと)Q会」元幹部、倉岡宏行被告(43)ら5人の初公判が6日、東京地裁(平出喜一裁判長)であった。5人とも「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、倉岡被告らがマスクを着用せずに接種会場に侵入したことで「ワクチン接種が中断したり、避難を強いられたりして受けられなかった人も出た」などと指摘した。法廷では、倉岡被告らはマスクを着用していた。
 起訴状によると、倉岡被告らは3~4月、東京都文京区の東京ドームの集団接種会場や新宿区の会場、小児ワクチンを接種していた渋谷区の医院に侵入したとされる。 (C)時事通信社