新型コロナウイルス治療薬の開発を発表した医療ベンチャー「テラ」(破産)の増資で虚偽の情報を公表したとして、金融商品取引法違反(偽計)罪などに問われた医療関連会社「セネジェニックス・ジャパン」(破産手続き中)前社長、竹森郁被告(51)の初公判が9日、東京地裁(須田雄一裁判長)であり、罪状認否で同被告は「一部事実と異なります」と述べた。
 起訴状によると、竹森被告は2020年9~10月、テラ社の株価をつり上げるため同社の第三者割当増資で、引受先となった自社の資金調達先の口座残高が約50万円だったにもかかわらず、75億円超の残高を確認したとする情報を公表させたとされる。 (C)時事通信社