【カンパラAFP時事】東アフリカのウガンダ保健省は20日、中部ムベンデ県でエボラ出血熱のため24歳の男性が死亡したと発表した。同国でエボラ出血熱による死者が出たのは2019年以来。
 世界保健機関(WHO)はこれに先立つ同日の声明で、ムベンデ県の24歳男性がエボラウイルスの「比較的まれなスーダン株」の陽性反応を示したと明らかにしていた。WHOによると、同県で今月発生した6件の不審死について調査が進められていた。このほか疑い例患者8人が治療中という。 (C)時事通信社