【ビジネスワイヤ】循環器用医療機器大手の米アビオメッドは、Transcatheter・Cardiovascular・Therapeutics(TCT)2022(9月16~19日、ボストン)で同社の心臓ポンプ「インペラ」について報告すると発表した。報告されるのは心原性ショック患者の生存率向上、心不全患者のQOL(生活の質)向上、STEMI―DTU試験、日本のJ―PVADレジストリーの心原性ショックおよび心筋炎に関するデータなど。同社の急性非代償性心不全(ADHF)治療デバイス「preCARDIA」による血液充満圧の減少など示すデータも紹介する。さらにインペラについてのシンポジウムや実地トレーニングを開催する。(C)時事通信社