国立病院機構職員による汚職事件で、業者から約350万円相当の賄賂を受け取ったとして、収賄罪に問われた国立国際医療研究センター元係長、笠井崇一郎被告(39)の判決が1日、東京地裁であった。児島光夫裁判官は懲役2年、執行猶予3年、追徴金約300万円(求刑懲役2年など)を言い渡した。
 児島裁判官は「自らの立場に思いを致すことなく利欲目的で賄賂を収受した。みなし公務員の職務の公正と社会の信頼を害し、厳しい非難は免れない」と指摘した。
 判決によると、笠井被告は機構から出向中の2019年3月~21年11月、同センター発注工事で受注できるよう便宜を図った見返りに、「小松電器」元社長(43)=贈賄罪で有罪確定=から12回にわたり現金や旅費など計約350万円相当を受領した。 (C)時事通信社