文化の日の3日、皇居・宮殿で文化勲章親授式が行われた。受章者6人のうち、歌舞伎俳優の松本白鸚さん(80)=本名・藤間昭暁=や箏曲家の山勢松韻さん(89)=同・木原司都子=ら4人が出席し、天皇陛下が勲章を手渡された。
 他の受章者は日本画家の上村淳之さん(89)=同・上村淳、東京大名誉教授(発酵学)の別府輝彦さん(88)。奈良国立大学機構理事長(電子工学)の榊裕之さん(78)と京都大名誉教授(中国思想史)の吉川忠夫さん(85)は欠席した。
 陛下は「長年努力を重ね、文化の向上に尽くされたことを誠に喜ばしく思います」と述べた。
 式後、受章者4人が記者会見。祖父から3代続く受章となった松本さんは「感無量でごさいます」と喜びをかみしめ、「命ある限り、芸をお見せしたい」と語った。上村さんも「まだまだやる気満々な気持ちになっている」と笑顔を見せた。 (C)時事通信社