国土交通省は15日、国際クルーズ船の日本への受け入れを再開すると発表した。関係業界団体が新型コロナウイルス対策の指針を策定したことを踏まえた。各クルーズ船会社が今後、寄港を予定する港の関係者と合意すれば運航できる。来年3月にも海外のクルーズ船の寄港が再開する見通しだ。
 国際クルーズ船の受け入れは、「ダイヤモンド・プリンセス」で発生した新型コロナの集団感染などを受け、2020年3月以降、停止していた。斉藤鉄夫国土交通相は15日の閣議後記者会見で「ガイドラインをしっかり順守してもらうことで、安心してクルーズを楽しめる環境づくりをしていきたい」と強調した。 (C)時事通信社