日本医師会は30日、新型コロナウイルス感染症法上の分類見直しについて、季節性インフルエンザと同様の「5類」にするのは「課題が多い」との見解を示した。釜萢敏常任理事が定例記者会見で述べたもので、「コロナ独自の類型として扱うことが適切ではないか」とした。
 現在、新型コロナは厳格な対応を取る「2類相当」で、加藤勝信厚生労働相は見直しを検討する考えを示している。 (C)時事通信社