林芳正外相は27日の記者会見で、新型コロナウイルス感染が急拡大した中国からの入国者に対する水際措置について、「適切に判断していく。新たに世界保健機関(WHO)で『懸念すべき変異株』として指定されるような事態が発生する場合には、機動的に対処していく」と述べた。
 一方、松野博一官房長官は同日の会見で中国が入国時隔離の撤廃を発表したことについて、「鋭意情報収集しており、在留邦人を含む市民生活や日本企業の活動を注視している」と語った。 (C)時事通信社