診療を装い、女性患者の下半身を触りながらカメラ機能付きの眼鏡で撮影したとして、警視庁捜査1課は8日、準強制わいせつ容疑で、「大塚南口駅前脳神経内科クリニック」(東京都豊島区)院長で医師の西田隆容疑者(54)=同区南大塚=を逮捕した。「医療行為を担保するために撮影していた」と容疑を否認しているという。
 同課によると、西田容疑者は婦人科の検査と偽り、隠し撮りしながら必要のない診察をしていたとみられる。押収したパソコンには、女性患者らの下半身が映った動画が保存されており、同課は複数の被害者がいるとみて調べている。
 逮捕容疑は2021年10月25日、経営するクリニックの診察室で、約1時間にわたり20代の女性患者の下半身を触るなどわいせつな行為をした疑い。 (C)時事通信社