【キトAFP時事】エクアドルの憲法裁判所は7日、難病患者からの訴えを受け、安楽死を合法化する判断を下した。「尊厳ある生命の権利を守るため、積極的安楽死の処置を施した医師」に殺人罪は適用されないとした。
 訴えは昨年8月、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者のパオラ・ロルダンさんが起こした。安楽死の処置を禁錮10~13年相当の殺人と見なす刑法の条文に異議を唱え、同11月にオンラインで行われた聴聞では「安らかに眠りたい。苦しく孤独で残酷な状況だ」と強調していた。
 憲法裁判事9人のうち7人が合法化に賛成し、関係省庁などにルール策定を進めるよう命じた。法整備には時間を要する見通しだが、ロルダンさんの弁護士はX(旧ツイッター)で「判決は直ちに実効性を持つ」と主張した。 (C)時事通信社