日立製作所は24日、超音波を全方向から照射し、腫瘍や組織の状態を診断する乳がんの新たな検査技術を開発したと発表した。一方向だけの超音波検査(エコー)やX線検査(マンモグラフィー)に比べ、若年層のがんを高精度で検出できるという。2020年ごろに技術を確立し、製品化を目指す。
 今回の技術は、受検者がベッドにうつぶせに寝る形で水を満たした検査容器に乳房を入れ、超音波を当てる。日本の乳がん患者数は40代後半が最多で、若年層の早期発見が重要になっている。
 現在の標準的な検査方法であるマンモグラフィーは、乳腺の濃度が高い若年層のがんを発見しにくいほか、痛みなどを伴う。また、一方向からの超音波検査も、検査者の熟練度によって診断結果にばらつきが生じる課題を抱えている。 (C)時事通信社