働きながらがんの治療を受ける患者が増えていることを受け、国立がん研究センターは26日、治療による体調や仕事への影響を調べる研究を始めた。スマートフォンのアプリを用いて、患者数百人に体調の変化などを記録してもらう計画。
 働くがん患者が置かれた状況や、治療の仕事への影響に関するデータは少ない。今回の研究で情報を得られれば、医師による治療の調整や、職場での支援策につながると期待されるという。
 調査では、患者はiPhone(アイフォーン)のアプリ「がんコル」を使用し、匿名で年齢やがんの種類、職種を登録。毎日の体調を記録するほか、仕事に充てた時間と達成度に関する質問や、治療の副作用についての質問に定期的に答える。 (C)時事通信社