ダイドーグループホールディングスは26日、完全子会社でドリンク剤の受託製造を手がける大同薬品工業が群馬県館林市に新工場を建設すると発表した。2020年初めの稼働を予定しており、投資額は約60億円。消費者の健康志向の高まりなどを受け、主に美容や栄養ドリンクを製造する見通しで、生産を強化する。 (C)時事通信社