小腸の正常な働きを維持するなど、善玉であるはずの免疫細胞「Th17」が、腸炎などの自己免疫疾患を引き起こす悪玉に変わってしまう原因のたんぱく質が見つかった。沖縄科学技術大学院大の石川裕規准教授らが30日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
 このたんぱく質「JunB」の生成を阻害したり、働きを抑えたりする薬剤が見つかれば、免疫細胞が自らの組織を異物とみなして攻撃してしまう自己免疫疾患の新薬になると期待される。
 石川准教授らはTh17細胞で生じる主要なたんぱく質の働きを一つずつ抑える実験を行った結果、JunBを抑えると悪玉にならないことを発見。マウスでJunBの生成を阻害すると、自己免疫疾患の腸炎や多発性硬化症の発症を防ぐことができた。 (C)時事通信社