大幸薬品は1日、同日付で柴田高社長が大阪大学大学院医学系研究科の招聘(しょうへい)教授に就任したと発表した。2018年3月末まで現職と兼務する。柴田社長は、同社が開発した空間環境の感染制御技術を含む、産学連携によるクロスイノベーションの共同研究を行う予定。 (C)時事通信社