新潟市民病院(新潟市)に研修医として勤務していた木元文さん=当時(37)=が昨年1月に自殺したのは、長時間の時間外労働が原因だとして、新潟労働基準監督署が労災認定していたことが1日、分かった。遺族の代理人弁護士が記者会見し明らかにした。認定は5月31日付。
 代理人によると、木元さんは2015年4月から同病院に勤務。半年後の秋ごろから「もう病院に行きたくない」などと訴えるようになり、16年1月に自殺した。遺族は、時間外労働が最大で月251時間に上ったなどとして、同8月に労災を申請した。
 労基署の遺族への説明では、「極度の長時間労働で、15年9月ごろにうつ病に罹患(りかん)した」と判断。発症直前1カ月の時間外労働が認定基準の160時間を超えたと認めた。
 代理人は「異常な労働時間だったので認定は当然」と述べた。木元さんの夫は新潟市内で取材に応じ、「過労死は殺人だと考えている。市や病院は問題と向き合っていただきたい」と語った。 (C)時事通信社