【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモは、医療機器メーカーの仏エムドロリス・メディカル・システムズと提携したと発表した。マシモの患者モニタリングシステム「ルート」向けに、エムドロリスが鎮痛侵害受容指数(ANI)技術を開発・商業化していく。ルートはオープンアーキテクチャーを採用し、接続機能を内蔵する。エムドロリスのANI技術を活用することで、患者の疼痛レベルを客観的・非侵襲的・連続的に自動モニタリングできる。(C)時事通信社