厚生労働省が14日公表した2015年の人口10万人当たりの都道府県別年齢調整死亡率は、男女ともに青森が依然として最も高く、長野が最低だった。ただ青森は前回10年統計と比べ、男性で1割低下。全ての都道府県で前回を下回り、東日本で高く、西日本で低かった地域差は縮小傾向にある。
 年齢調整死亡率は、各地域の健康水準を正確に比較するため、都道府県によって差のある年齢構成をそろえ、人口10万人当たりの死者数を算出したもの。1960年から5年ごとに各地の死亡率を公表している。
 15年の全国平均は、男性486.0人(前回比11%減)、女性255.0人(同7%減)。三大死因のがんが男女で同5~9%、心疾患が12~14%、脳血管疾患が22~24%それぞれ低くなるなど、主な12の死因のうち老衰と大動脈瘤(りゅう)以外が低下した。
 都道府県別で、男性は最も多い青森が585.6人。阪神・淡路大震災で被災した兵庫に次ぐ2位となった95年を除き、75年からのワーストとなった。次いで秋田の540.3人、岩手の522.5人と東北が上位を占めた。女性も青森が288.4人で、福島275.7人、茨城273.8人が続いた。
 一方、長野は前回に続く最少で、男性434.1人、女性227.7人だった。「東高西低」の地域差は男性で大きいが、60年に489.0人あった最多と最少の差は、前回185.1人、今回151.5人に縮小した。
 厚労省は「医療技術の向上や新薬開発だけでなく、地域ごとに食習慣や文化の違いがある中、塩分過多を控えるといった健康志向、病気予防の取り組みなども低減につながったのではないか」とみている。 (C)時事通信社